BUSINESS

リップル(XRP)暴騰の原因は?いつまで続くことが予想される?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

最近目立った噂が無かった仮想通貨に久しぶりにいいニュースが飛び込んできました。

リップル(XRP)の価格が高騰し、時価総額では仮想通貨第2位のイーサリアムを抜くという結果になっています。

今回は、リップル暴騰の原因と、現在の高値がいつまで続くのかということについてまとめていきます。

リップル暴騰の原因について

まずリップル(XRP)の高騰前の値段です。

9月18日18:00頃の段階では、1リップル当たり30円~32円の間を行ったり来たりという状態が続いていました。

それが、9月19日未明頃になると一気に36円以上まで価格が上昇します。

9月22日11:00現在では、56円までその価格を跳ね上げています。

今回の価格高騰のきっかけは、アメリカ大手の銀行PNCがリップルのプラットフォームである「リップルネット」に加入し、リップルの強みでもある、国際送金円滑化プロトコル「xRapid」の始動準備を行ったというニュースです。

今後PNCは、リップルの銀行向け送金システムである「xCurrent」を利用したトランザクションを受け入れ開始をしていくと報道されています。

これまでも度々大手銀行の仮想通貨運用毎に対象通貨が高騰を見せていましたが、今回も同様にニュースの影響で高騰しているという見方が大勢を強めています。

暴騰はいつまで続く?

先ほども触れましたが、大手銀行が仮想通貨のシステム運用を行うと、対象の仮想通貨の価格が跳ね上がります。

ICOで発行された仮想通貨が、価値のあるものとして運用されるのは、仮想通貨取引所で取り扱いを始める「上場」をしてからです。

通貨自体を使うことができるプラットフォームが完成しておらず、単なる「通貨」としてだけ存在するものがほとんどです。

プラットフォームが完成し、本格的に通貨として運用できるようになると、その価値は一気に跳ね上がります。

今回のニュースで、世界経済の中心にいるアメリカ大手の銀行が仮想通貨のプラットフォーム運用を宣言したことで、リップルの価格は、当分の間現在の高値が続くことが予想されます。

実は当コラムでも、過去にリップルに関するものを執筆しています。

“リップルを使った国際送金のニュースはリップルユーザーにとってのどから手が出るほど欲しいグッドニュースになるでしょう。”

本当にグッドニュースが9月に流れてきましたね。

以前のコラムでは、今後リップルは長期的に高騰する可能性について述べています。

専門家の間では、最大で1リップルあたり20ドル(2000円~2400円)まで伸びるだろうとも言われていますから、今後の価格推移が楽しみですね。

価格の高騰の中心は、日本や韓国といったアジア圏の仮想通貨取引所です。

出来高を掲載するデータ上では、香港のBitfinexが1位ですが、2位と3位には韓国の仮想通貨取引所BithumbとUpbitが。

そして4位には日本のBitbankが掲載されています。

時価総額は基軸通貨であるビットコインほどではありませんが、仮想通貨界の2大巨頭であるイーサリアムを抜いたのは大きなニュースです。

今後年末にかけて、第2次仮想通貨バブルが起こる可能性もありますね。

今年の仮想通貨界は何かとネガティブな報道が多かったように思います。

最近では、仮想通貨取引所Zaifのハッキングなど、暗い話題がありました。

その中で、日本や韓国を中心としたアジア圏が仮想通貨のホットな話題に沸いているのは、仮想通貨界にとってプラスに働くのではないでしょうか?

今後、リップルを運用する金融機関が増えることで、さらに価格を上げる可能性もあります。

本格的に仮想通貨が私たちの生活に近づいて来ているのが感じられるニュースでした。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 社会人が人脈を広げる為の手っ取り早い方法。
  2. 仕事のための自己啓発の正しい例3選!中毒にならないために意識すべ…
  3. 仕事の人間関係のストレスが限界を迎えたと思った時に考えるべきこと…
  4. 女性の男性化と男性の女性化は世界恐慌の兆候?2016年が危ない!…
  5. 琉球コインに投資したい!導入で沖縄はどうなる?
  6. 中村貞裕の嫁がカフェbillsを生んだ影の功労者?妻に育てられた…
  7. 堀江貴文が資産を倍増したあの投資法が話題に!2016年最大のチャ…
  8. プレミアムフライデーはいつから?経済産業省の狙いとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP