SOCIAL

野菜が高い理由は何?値段が落ち着くのはいつ頃?

2018年のスタートを切ったばかりですが、野菜の価格が高騰している。そのため、野菜の価格が高いと感じている人が多いようだ。野菜の価格が高い理由は何なのだろうか。そして、値段が落ち着くのはいつ頃になるのだろうか。

野菜が高い理由は何?

2017年の年末から現在2018年1月にかけて、野菜の価格が高いと感じている人が多いのではないでしょうか。農林水産省では大根・人参・白菜など主要な野菜14品目の育成状況や価格見通しを発表している。農林水産省の発表によると、多くの野菜が平年を下回る出荷量となっている。そして、価格は平年を上回って推移しており、野菜の価格が高くなっているのは事実なのだ。

この理由は、10月・11月の悪天候が関係している。10月の台風被害や10月・11月の長雨により野菜の生育が低下したため、価格が高くなっているのだ。さらに、12月の低温も野菜の出荷量低下につながっている。出荷量が低下すると、需要と供給の関係から価格が高騰するのだ。そのため、出荷量が増えないと価格が例年通りに戻ることは難しいだろう。

値段が落ち着くのはいつ頃?

野菜の値段が落ち着くのは、野菜の品目により異なるようだ。大根やレタスなどは1月下旬、白菜は3月まで高値と予想されている。そのため、早ければ2月に値段が落ち着く野菜もあるだろう。価格が落ち着くのは、時期をずらして生産された野菜が出荷されるからだ。

そのため、もし時期をずらして生産された野菜の出荷量も平年を下回れば、野菜の価格が高いまま維持される可能性もある。寒い日が続いているため、今後の出荷量が予想以上に少ないかもしれないのだ。

まだまだ野菜の高値が続く可能性があるので、注意が必要だろう。野菜の価格が高くて買えないときの対策としては、冷凍野菜や缶詰、値段が変わりにくい野菜を使用するのがおすすめだ。野菜の価格が高い状況のときは、上手に選んで乗り切ってください。

現在、野菜の価格が高くなっていることがわかった。農林水産省の発表だと、多くの野菜が平均を下回る出荷量となっている。そのため、需要と供給の関係から価格が高騰しているのだ。

出荷量が減っている理由は、10月の台風や10月・11月の長雨の影響である。早ければ2月ごろに値段が落ち着く野菜もあると予想されている。しかし、寒い日が続いており、価格の高騰が維持される可能性もあるだろう。そのため、上手に冷凍野菜や缶詰などを使って、野菜の価格高騰を乗り切ってください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 西内まりやが引退!?契約更新なしで今後どうなる?
  2. 蓮舫の夫の村田信之が可哀相すぎる!男性蔑視の女総理に未来は作れる…
  3. 森本哲也の経歴と案件実績は?佐々木善三と並んだ理由を推測してみる…
  4. 舛添要一辞任はほぼ確実か?文春砲があまりに強烈すぎる件・・・
  5. 豊洲市場の設計者は日建設計か?内田茂の関係も
  6. 上野洋明が怪我させた23歳美人記者Aさんの大学や経歴は?
  7. 高畑裕太の現在、最新2017年の状況は?事件の真相は一体どこに
  8. 安倍昭恵は名誉校長で報酬を受け取っていたのか?払い下げ問題で波紋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP