SOCIAL

野菜が高い理由は何?値段が落ち着くのはいつ頃?

2018年のスタートを切ったばかりですが、野菜の価格が高騰している。そのため、野菜の価格が高いと感じている人が多いようだ。野菜の価格が高い理由は何なのだろうか。そして、値段が落ち着くのはいつ頃になるのだろうか。

野菜が高い理由は何?

2017年の年末から現在2018年1月にかけて、野菜の価格が高いと感じている人が多いのではないでしょうか。農林水産省では大根・人参・白菜など主要な野菜14品目の育成状況や価格見通しを発表している。農林水産省の発表によると、多くの野菜が平年を下回る出荷量となっている。そして、価格は平年を上回って推移しており、野菜の価格が高くなっているのは事実なのだ。

この理由は、10月・11月の悪天候が関係している。10月の台風被害や10月・11月の長雨により野菜の生育が低下したため、価格が高くなっているのだ。さらに、12月の低温も野菜の出荷量低下につながっている。出荷量が低下すると、需要と供給の関係から価格が高騰するのだ。そのため、出荷量が増えないと価格が例年通りに戻ることは難しいだろう。

値段が落ち着くのはいつ頃?

野菜の値段が落ち着くのは、野菜の品目により異なるようだ。大根やレタスなどは1月下旬、白菜は3月まで高値と予想されている。そのため、早ければ2月に値段が落ち着く野菜もあるだろう。価格が落ち着くのは、時期をずらして生産された野菜が出荷されるからだ。

そのため、もし時期をずらして生産された野菜の出荷量も平年を下回れば、野菜の価格が高いまま維持される可能性もある。寒い日が続いているため、今後の出荷量が予想以上に少ないかもしれないのだ。

まだまだ野菜の高値が続く可能性があるので、注意が必要だろう。野菜の価格が高くて買えないときの対策としては、冷凍野菜や缶詰、値段が変わりにくい野菜を使用するのがおすすめだ。野菜の価格が高い状況のときは、上手に選んで乗り切ってください。

現在、野菜の価格が高くなっていることがわかった。農林水産省の発表だと、多くの野菜が平均を下回る出荷量となっている。そのため、需要と供給の関係から価格が高騰しているのだ。

出荷量が減っている理由は、10月の台風や10月・11月の長雨の影響である。早ければ2月ごろに値段が落ち着く野菜もあると予想されている。しかし、寒い日が続いており、価格の高騰が維持される可能性もあるだろう。そのため、上手に冷凍野菜や缶詰などを使って、野菜の価格高騰を乗り切ってください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 宮崎緑はなぜ生前退位有識者メンバーに選ればれたのか?
  2. 年収800~900万円超の控除見直しで手取りいくら減る?
  3. 音喜多駿が「胡散臭い」と嫌われる理由とは?
  4. 上西小百合がツイッターで太田光代にかみつき!経緯と理由は?
  5. 萩野公介と瀬戸大也リオでの種目は?NHKスペシャルで注目急上昇の…
  6. ビットコイン下落はいつまで続く?仮想通貨は安全なのか?
  7. 後藤輝樹のwiki削除!政見放送で放送禁止用語連発の無法者のプロ…
  8. 成宮寛貴がカミングアウト!フライデーへの批判も強まるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP