LIFESTYLE

北海道で地震!冬の停電で凍死しないために準備すべきことまとめ!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2月21日、再び震度6弱の地震が北海道を襲った。

北海道の冬は厳しく、もし停電になったら最悪の事態を招いてもおかしくない。

そのため、停電になっても凍死しないために、電気を使わないで防寒対策ができる準備をしておくべきだ。

そこで、どんな準備をしておくべきかまとめてみたので紹介していきたい。

冬の停電で凍死しないために準備すべきこと!前編

・電池式のポータブル灯油ストーブ
準備しておきたいのは、電池式のポータブル灯油ストーブだ。

FF式のストーブは電源が必要であり、停電時には使用することができない。

そのため、電池式のポータブル灯油ストーブを備えておくことで、停電時にも暖をとることができる。

ただ、ポータブル灯油ストーブの中にも、電源が必要な製品もある。

停電時の備えとしては、電源不要の電池式を準備しておくべきだ。

・灯油のストック
電池式のポータブル灯油ストーブも、当たり前だが灯油がなければつけることができない。

そのため、灯油のストックも準備しておくべきだろう。

災害時のインフラ復旧は、概ね1週間程度で完全復旧するとされている。

そのため、1週間ほど持つぐらいのストックは必要だろう。

冬の停電で凍死しないために準備すべきこと!後編

・カセットコンロ
停電で凍死しないためには、カセットコンロを準備しておくのもおすすめだ。

カセットコンロがあれば、火を使うことができる。

そのため、お湯を沸かすことができ、さらに暖を取ることもできるだろう。

温かいものを飲んだり食べたりできれば、精神的にも余裕を持つことができる。

カセットコンロを使用するためには、カセットガスが必要だ。

こちらも十分にストックを準備しておくべきだろう。

・カイロ
カイロも停電時でも使える防寒グッズであり、凍死しないための準備になる。

ただ、カイロはどうしても温めることができる範囲が狭い。

そのため、効率的に使用するのがおすすめだ。

基本的には、首の後ろや肩、背中の上部にカイロを貼るのがおすすめだ。

これらを温めることにより、体全体が温まりやすくなる。

カイロをストックしておくのも、冬の停電時の防寒対策としておすすめとなっている。

今回は、冬の停電で凍死しないための準備を紹介してきました。

北海道で震度6弱の地震が再び起こったわけですが、今後も警戒するべきだ。

大きい地震があれば停電の恐れもあり、冬の時期は電気を使わない防寒対策をするのがおすすめとなっている。

今回紹介した準備をして、もしもの時に凍死しないようにしましょう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 台風17号2016最新進路は?2016年はなぜこんなに台風が多い…
  2. 恵方巻きの廃棄(焼却)にかかる税金はいくら?
  3. 仕事の人間関係のストレスが限界を迎えたと思った時に考えるべきこと…
  4. ペットも熱中症対策が必要!気をつけるべきポイント4選!
  5. 平成の次の元号は誰がどうやって決めるのか詳しく調べてみた!
  6. 台風20号2016最新進路情報!米軍とヨーロッパの比較は?
  7. 30代男性の平均貯金額はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  8. 五月病の対策には食べ物が有効だった!食事で気をつけるべきことは?…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 病院に3億円を追加寄付する中本さん
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  3. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP