SOCIAL

税金の都市伝説まとめ!確定申告は直前だと緩い?税務調査は来ない?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

確定申告シーズンが到来しましたね。

確定申告で毎年噂になる税金の都市伝説はご存じですか?

ちなみに、この都市伝説の中には本当の話もあれば、まったくのでたらめで、信じると危険なものもあります。

今回は、税金の都市伝説に関してまとめていきます。

確定申告がまだの人はぜひご一読くださいね。

税金の都市伝説【確定申告編】

まず、税金の都市伝説の中でも確定申告に関わるものをピックアップしていきます。

・確定申告は申告期限ギリギリに提出するとチェックが甘くなる
・儲かっていないのであれば確定申告は不要
・白色申告だから帳簿は必要ない
・自宅の家賃や光熱費を経費にできる
・開業直後は確定申告が必要ない

確定申告は、基本的に白色申告でも青色申告でも納税義務のある人は全員やらなければならないことです。

白色申告であっても、売上が1円でも発生したのであれば、その収入を証明する帳簿は必ず必要です。

確定申告期限ギリギリに提出するとチェックが甘くなるというのも嘘です。

確定申告が終わり、納税額が決まるのは2か月~3カ月後です。それだけの時間があれば、全ての確定申告書類をチェックする時間はたっぷりあります。

開業したばかりの法人や個人事業主であっても、確定申告は1年目から必要です。

開業したばかりだから必要ないというのは、大きな間違いです。

副業をしていて、その副業で起業した人に多いのが、仕事場として使っている自宅の光熱費を経費にできるという都市伝説です。

間違ってはいませんが、光熱費の何割を経費に充てるかをきちんと説明できなければなりません。

例えば、24時間のうち、何時間を仕事に宛てているかで、X(仕事の時間)÷24=経費の割合が出ます。

あとは光熱費にその経費の割合を掛け算すれば、経費が算出されるなど方法はいくつかあります。

できるだけシンプルに、伝わりやすいように経費算出をする必要があることを覚えておきましょう。

税金の都市伝説【平常時編】

確定申告が終わっても税金に終わりはありません。

ビジネスの中で1円でも売上が発生すると、かならず税金が発生します。

ここでは、確定申告が終わって、通常営業をしている時の税金の都市伝説をピックアップしていきます。

・税務調査は来ない
・税金を払いたくないからお客様に還元した方がいい

特に年商が低い事業所は上記のような都市伝説を信じている傾向にあるようです。

実際は、「納税に誤りがある」と判断されれば、どれだけ年商が低くても税務署は来ます。

税金を払いたくないから還元した方がいいというのは間違いではありませんが、そもそもの考え方が間違っています。

100の売上の内、20を経費にすると80に税金が発生します。

しかし、税金を払いたくが無いために、100全てを経費(還元)として使ってしまうと、会社に利益は残りますか?

結果的に還元した方が、会社の利益としては0ということになります。

何のための企業なのか意味が分かりませんね。

確かに確定申告は複雑で面倒な作業です。

しかし、その作業をきちんと行うことで得られるメリットも大きいのです。

税金の都市伝説を真に受ける前に、まずは自分でその伝説を調べてみることをおすすめします。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 台風25号の本州への影響は?今年最後の台風になるのか?
  2. 米朝首脳会談、2度目の注目ポイントはココ!
  3. 田野岡大和の母親の名前と画像だけ公開されない理由とは?
  4. 佐々木善三弁護士の経歴・案件実績を見れば都合の良い「第三者」であ…
  5. 桃田賢斗の闇カジノはなぜばれたのか?発覚時期に違和感
  6. ダイソン工科大学に入学する方法は?試験の基準は?
  7. 米朝会談は失敗ではない?トランプ大統領は今後どう攻める?
  8. 高収入でも貯金ができないビジネスマンの特徴

注目記事

ピックアップ記事

  1. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP