SOCIAL

鳥取ズワイガニが解禁後たった2ヶ月で禁漁に?漁獲量制限の理由は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

鳥取県の名産物である「ズワイガニ」が、すでに漁獲枠の9割を超えていることがわかった。

これにより、解禁後わずか2ヵ月で漁ができなくなる恐れがある。

なぜそこまで、漁獲量を厳しく制限する必要があるのだろうか。

鳥取ズワイガニが解禁後たった2ヶ月で禁漁に!?

鳥取の冬の味覚として人気の「ズワイガニ」が、すでに漁獲枠の9割を超えていることがわかった。

鳥取のズワイガニ漁は11月に解禁されたばかりだ。

2018年に割り当てられている漁獲枠は、870トンとなっている。

しかし、12月25日の段階で、すでに803トンの漁獲量となっており、漁獲枠の約92%に上っているのだ。

これにより、解禁からわずか2ヶ月で漁ができなくなる恐れがある。

実は、県の関係漁協は12月半ばに漁獲枠の7割に迫ったことで、自主規制をしていたとのことだ。

しかし、その後も漁獲量が増えていき、現在の状況となっているのだ。

本来、漁期が終わるのは2019年3月20日なのだが、これを待たずにズワイガニ漁ができなくなる可能性が高いだろう。

漁獲量をそこまで厳しく制限をする必要はあるのか?

ズワイガニは、水産庁が資源管理のために、各地で漁獲量を規制している。

そこで気になるのが、そこまで漁獲量を厳しく制限をする必要があるのかだろう。

実は、今年11月に日本海区水産研究所の研究チームが、ズワイガニの資源量が来年以降に減少傾向になってしまい、さらに3年後に現在の半分ほどに落ち込むことを予測している。

それだけに、漁獲量を厳しく制限することが必要なのだ。

漁獲量を厳しく制限することで、少しでもズワイガニの資源量を守ることができる。

ズワイガニを名産にしている地域にとって、ズワイガニという資源が枯渇するのは大きな問題だ。

将来のためにズワイガニという資源を残していかなければならず、厳しく漁獲量を制限する必要があるのだ。

鳥取では、ズワイガニの漁獲量がすでに漁獲枠の9割を超えていることがわかった。

11月にズワイガニ漁は解禁されたばかりだが、わずか2ヵ月で漁ができなくなる恐れがある。

12月半ばには自主規制をしていたとのことだが、その後も漁獲量が増えていき、現在の状況となっているとのことだ。

ズワイガニの漁獲量を厳しく制限する理由は、ズワイガニという資源を枯渇させないためだ。

今年の11月に、ズワイガニの資源量が減少傾向となり、3年後には半分ほどに落ち込むと予測された。

それだけに、資源を守るためにも、ズワイガニの漁獲量を厳しく制限する必要があるのだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. ドナルド・トランプの政策は?注目は日米同盟の行方
  2. 菅野完って何者?逮捕経歴もある日本会議の研究の作者が話題に
  3. 紅白の視聴率が40%に届かなかった理由は?紅白の裏番組まとめ
  4. 慶應ミスコン2016不祥事で中止!隠蔽工作は加害者の親の力?
  5. 計画停電がヤラセだと言われている理由は何?根拠はある?
  6. 働き方改革はいつから施行される?企業毎に異なる施行日まとめ
  7. 渡辺恒雄の現在の年収は?引責辞任の真相は病気か
  8. 山谷えり子の親戚東大生は藤田智之!「性教育は結婚してから」じゃな…

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP